芝生の販売・レンタル|園庭緑化、芝苗(販売、通販)、西洋芝・常緑芝(販売、通販)もお任せください[春日グリーンアシスト]
株式会社春日グリーンアシスト 芝生の販売、手入、管理。設置が簡単な一年中緑の天然芝のご紹介
TEL:0797-82-1148(イイシバ) FAX:0797-82-1147(イイシナ)
三種混合ロール巻芝 芝生の販売(商品一覧) 芝生の植え方・管理 花マット リピア レンタル芝
造園工事・管理 自動散水工事 Q&A お客様の声 業者様向け
通販法表記 個人情報保護方針 会社概要 お問い合わせ HOME
西洋芝の施工・メンテナンス。いつまでもきれいな緑の芝生のために 西洋芝の施工・メンテナンス。いつまでもきれいな緑の芝生のために 西洋芝の施工・メンテナンス。いつまでもきれいな緑の芝生のために

ウインターオーバーシード(WOS)


ウインターオーバーシード(WOS)とは・・・
冬期のウインターオーバーシード(WOS)イメージ
暖地型芝地(冬期に茶色くなり休眠する芝)に、秋口、低耐暑性の寒地型芝(常緑)の種を播種することによりその芝地を常緑にする工法です。

メリット
  • 暖地型芝は寒さに弱い芝が多いのですが、冬期には大きな保温効果があります。
  • 暖地型芝は冬期休眠するため育成が止まり踏圧に対して弱くなるので、その期間、芝を保護します。
  • 休眠中の芝は雑草の進入に対して防御力が弱まりますが、その期間、雑草の進入を防止します。
  • 年中緑(常緑)となるため、景観が向上します。
  • 春〜秋は暖地型芝、秋〜春は寒地型芝メインで芝地を維持するため、一年を通して安定した育成が望め、特に病害虫・乾燥に対しての管理が容易です。
デメリット
  • 毎年秋に播種・養生が必要となります。
  • トランジッション(寒地型芝から暖地型芝への切り替え)のために、春期から梅雨時期にかけてこまめな管理が必要となります。
※ トランジッションについて、詳しくはこちらをご覧ください。


ウインターオーバーシード(WOS)の相性

春〜秋は暖地型芝、秋〜春は寒地型芝メインのサイクルで芝地を維持するため、必ず切り替え時期が発生します。そのため、暖地型・寒地型双方共、育成スピードの早い芝が適しています。中でも、ベースとなる暖地型芝はバミューダ系の芝が最適です。コウライシバやノシバなどの日本芝系でも可能ではありますが、育成スピードがあまり早くはないので最適とは言えません。トランジッション作業はしっかりと行うようにしてください。
オーバーシードする寒地型芝はペレニアルライグラスやイタリアンライグラスが良く用いられますが、一般的にペレニアルライグラスの方がターフとしてのクオリティは上です。良質かつ最も相性の良い、代表的な組み合わせの1つとしては、ティフトン419とペレニアルライグラスが挙げられます。

商品一覧三種混合ロール巻芝西洋芝の施工・管理花マットレンタル芝造園工事・管理自動散水工事
芝生施工マニュアル三種混合芝の維持方法三種混合芝の更新ウインターオーバーシード(WOS)トランジッションについて
Q&Aお客様の声業者様向け通販法表記/個人情報保護方針会社概要お問い合わせ

Copyright © 株式会社 春日グリーンアシスト. All Rights Reserved.